はじめに

耳たぶにピアス用のホールを開けた人でも、初回は穴そのものが小さいために、場合によってはそのホールを大きく広げる必要が出てきます。その広げる作業を拡張と言うのですが、拡張はいろいろなやり方が存在します。不安ならピアスのホールを開けた病院に相談してみると安全です。拡張作業には鈍痛が伴います。できるだけ慎重になって行いましょう。
身体にピアス用の穴を入れたのに、長らく使用していなければピアスホールがふさがってしまう場合ってあると思います。人が持っている自己治癒能力によって、そんな状況になるといいます。ですから一回ピアスの穴を入れたのでしたら、閉じないように継続的にピアスを利用し続けることが肝心になってくるようです。
自分ではピアスのホールを体のどこに作るのか判断ができないときには、病院に足を運んで、プロの先生に任せる方法もあります。今までに幾度となくピアスの穴を開けてきた医者です。一瞬であなたに最高の場所を探り当ててくれるはずです。耳でない部分にホールを開ける場合は、なおさら先生に相談を持ちかけてください。

自宅でピアスの穴を開けるのか医師の下で開けるか、最初にどちらか一方を選択してみましょう。理想は病院がいいです。事前にサインペンで穴を開けたいポイントにマークを付けます。その状態のまま病院やクリニックに行って、先生に相談をしつつ、穴あけをお願いするといいです。病院やクリニックなら専門の道具できちんと穴を作ってくれます。
残念な話ですがピアスが合わない人も少なからず居ます。合わないとは似合っていないと言った意味では全くなくて、アレルギー体質を持っているために、ピアスそのものを体が受け付けないのです。ピアスのホールを作ってもなかなか炎症が治まらない場合は、金属アレルギーの恐れがすごく高いです。残念な話かもしれませんがピアスは断念しましょう。
自分でピアスのホールの消毒作業を行なう場合は、ティッシュと消毒液をそろえてください。お風呂を上がった直後と朝起きた後の2回、綿棒やティッシュに消毒液を吸わせて穴に添付してみましょう。ホールに付ける場合は、表側と裏側、双方に消毒用の液体を添付してみてください。その消毒作業を毎日繰り返して、患部が落ち着いてくるまで辛抱強く待ちましょう。

今後初めてのピアスホールを入れようと思っている方は、できることなら自身で行うのは止めてください。安全ピンや専門機械などを使うにしろ、個人で揃えられる環境では完璧な滅菌処理が行えないはずだからです。処置しきれないバイキンに影響で甚大な病気になる可能性が秘められています。リスクを無くすため、病院でやってもらうのが最も安全だと考えられます。
自分でピアスのホールを耳に無理に開けてしまう若い人が結構居ます。やめた方がいいです。ばい菌が入って重大な疾患が出てしまうかもしれないからです。最も悪いケースは菌が耳全体に広まり腐ってしまう可能性もあるのです。ピアスのホールはきちんと医師の下で作ってもらった方がいいです。